トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

土佐くろしお鉄道                                             

 四国の私鉄                                                                                                                                        TKT 

撮影地:土佐くろしお鉄道ごめんなはり線夜須−西分駅にて。展望デッキ付き車両が太平洋沿いを行く。

 土佐くろしお鉄道は窪川〜中村駅の国鉄中村線引き継いで開業し、その後日本鉄道建設公団の宿毛線(1997年)と阿佐線(ごめんなはり線:2002年開業)の開通を経て現在に至る。中村・宿毛線と阿佐線は土讃線を経由して線路は繋がっているものの、臨時列車を除いて両線を直通する列車は存在しない。しかし中村・宿毛線は土讃線特急列車の南風が、阿佐線は高知からの普通列車が乗り入れており、車両使用料の関係から土佐くろしお鉄道の車両がJR線内を走行したりJRの車両が土佐くろしお線内で運行されることもある。
 中村線・阿佐線では太平洋沿岸部を走る区間が多いため、車両には景色が良く見えるような改造が施されており、特に阿佐線の9640形1S、2Sは海側がオープンデッキ構造となった車両が存在する。窓ガラスのない構造なのでJR線内での利用はできないが、土佐くろしお線内では誰でも無料で太平洋の心地良い風に当たることができる。

 〜土佐くろしお鉄道の車両〜

中村・宿毛線

TKT8000形

2000系

阿佐線

9640形

 

車両紹介

 


土佐くろしお鉄道TKT8000形

 

撮影地:土佐くろしお鉄道中村駅にて。本社の併設される中村駅は終始発列車も多く存在する運行上の拠点。

 土佐くろしお鉄道TKT8000形
走行区間:中村線・宿毛線

 土佐くろしお鉄道中村線と宿毛線の普通列車として活躍している。中村線内は太平洋沿岸部を走行する区間が多く、よく景色が見えるように太平洋側の窓が大きくなっているのが特徴。1両ごとに愛称が付けられており(写真の車両は「さくら」)、中には大きく塗装の異なる車両も存在する。

                                                                                                                   土佐くろしお鉄道の車両紹介へ

 

 土佐くろしお鉄道2000系

 

撮影地:土讃線土佐一宮−布師田駅にて。高知運転所を出場した土佐くろしお鉄道の2000系。

 土佐くろしお鉄道2000系
走行区間:中村線・宿毛線、JR四国土讃線・予讃線・瀬戸大橋線
種      別:特急南風

 JR四国の2000系とほぼ同一仕様で製造された車両で、車両形式も2000形に30を付与したものとなっている。特急南風として宿毛・中村・高知−岡山間で使用されており、運行管理などはJR四国に委託している。土讃線を走行するアンパンマン列車の内の1つで、JR四国保有車がグリーンに対し、土佐くろしお鉄道保有車はオレンジの塗装となっている。(写真の車両はリニューアル前のピンク塗装)

                                                                                                                   ▲土佐くろしお鉄道の車両紹介へ


   

   鉄道写真図鑑へ    TOPへ