トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

レイアウトめぐり

画像をクリックすると詳しい解説ページが見られます(現在、上4枚のみ)

 

   

 深河集落をショートカットするバイパスを走る伊予鉄バス。

 

 

 

 信号所を通過するキハ65系国鉄色の急行列車。構内ですれ違ったのはキハ40系の普通列車です。

 鹿野川から出発した貨物列車が朱島駅を通過して行きました。トラやチなど、無蓋車中心の編成です。

 朱島駅に到着したアイランド四国が機回しを行っています。駅のホームは珍しい列車を撮影に来た鉄ちゃんが激写中。

 

 肱川にかかる橋を渡る土佐電気鉄道の路線バス。レイアウト上では集落と朱島駅とを結ぶバスとして活躍しています。

 橋を渡って朱島駅へと進入するDE10牽引の混成貨物列車。

 2000系気動車の連結シーン。作業員の誘導の元、特急列車の増結を行います。

 

 信号所を通過するDF50。ちょうどタブレット交換を行っています。

 深河の集落を行く観光バス。古い町並みの残る通りは観光客にも人気があります。

 大カーブを走るキハ47系四国色。アンダークロスする道路には伊予鉄道のバスが走行中です。

 

 銅の採掘場の横には松の木があり、作業員のよい休憩場になっています。折りしもその横をキハ65系国鉄色が通過して行きました。

 鉄橋を渡るDD13牽引のワム編成。本来は入れ換え専用ですが、短編成貨物の先頭に立つこともあります。

 Sカーブを行くDF50とDE10のPP貨物編成。エンジンを唸らせながら峠を上ります。

鉄道模型へ     TOPへ