トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

 5000形

5000形レトロ電車

 琴電5000形は琴平電鉄の開業1年後に増結用として加藤車輌が製造した車両で、500・510・520の3両が導入された。基本的な構造は先の1000形や3000形と同じ14m級の半鋼製両運転台車両となっているが、戸袋窓に楕円形を採用せず車体にも曲線を使用していないので一見箱型の印象となっている。現在は500号1両のみが動態保存されており、毎月行われるレトロ電車運転でその姿を見かける日も少なくない。

  高松琴平電鉄5000形

 製造初年

 1928年

 製造所

 加藤車輌

 前所有社

 琴平電鉄

 前形式

 −

 入籍初年

 1926年

 定員

 88人

 自重

 30.0t

 車体寸法

 長=13869 巾=2438 高=3607(mm)

 台車

 BW78-30Aタイプ

 冷房装置

 −

   ←琴電琴平             ◇        高松築港→       

Mc 5000

  編成

  編成内容

 備考

 500

 500

 


5000形レトロ電車
23号の復元塗装に合わせた特別運行で500号を先頭に4両編成で運転するレトロ電車。


5000形レトロ電車
仏生山⇔高松築港を試運転する5000形+20形。運行日以外でも試運転や貸切で目にすることができる。


5000形レトロ電車
9月の琴電レトロ電車特別運行日に走った500号には「巡」ヘッドマークが取り付けられた。



    ことでん車両紹介へ    TOPへ