トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

 3000形

 琴電3000形は1926年に製造された琴平電鉄開業当初からの車両で、300・315・325・335・345の5両が日本車輌で製造された。車体は半鋼製の14m級両運転台の構造で同時期に製造された1000形と基本的な作りは似ているが、戸袋窓が楕円形となる点で見分けがつく。その後1966年には5両全車で車体修繕工事が行われ、戸袋窓のHゴム更新やパンタグラフのPT-11化、乗降扉の自動化などが実施された。現在では京浜急行電鉄からの移籍車により300号が残るのみで、毎月行われるレトロ電車運行日にその勇姿を見ることができる。

  高松琴平電鉄3000形

 製造初年

 1926年

 製造所

 日本車輌

 前所有社

 琴平電鉄

 前形式

 −

 入籍初年

 1926年

 定員

 96人

 自重

 25.4t

 車体寸法

 長=13869 巾=2438 高=3607(mm)

 台車

 BW78-25Aタイプ

 冷房装置

 −

   ←琴電琴平        ◇             高松築港→       

Mc 3000

  編成

  編成内容

 備考

 300

 300

 


5000形レトロ電車
ゴールデンウィークの特別運転で琴平線を走行する300号。


5000形レトロ電車
レトロ電車運転を終え仏生山車庫へ回送される300号。



    ことでん車両紹介へ    TOPへ