トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

 20形

 琴電20形は初代20形(元1形)、2代目20形(後の60形)に続く3代目となる車両で、1925年に川崎造船所で製造された近畿日本鉄道のモ5621形がベースとなっている。1961年にモ5621・モ5622・モ5623・モ5624の4両を車体のみ購入し、前面を貫通化改造した後、翌年の1962年に琴平線に導入された。当初の予定としては(21・22・23・24)の4両を志度線に導入する計画であったが、志度線昇圧が遅れた影響で琴平線で活躍し、その後1976年をもって全車志度線へ転属した。晩年は志度線のラッシュ時増結車として活躍し2006年に引退したが、保存の声もあり比較的状態の良かった23号が仏生山工場で整備を受け、現在は琴平線・長尾線のレトロ電車として活躍している。

  高松琴平電鉄20形

 製造初年

 1925年

 製造所

 川崎造船

 前所有社

 近畿日本鉄道

 前形式

 モ5623形

 入籍初年

 1962年

 定員

 96人

 自重

 27.15t

 車体寸法

 長=14312 巾=2608 高=3753(mm)

 台車

 BW78タイプ

 冷房装置

 −

   ←琴電琴平        ◇             高松築港→       

Mc 20

  編成

  編成内容

 備考

 23

 23

 


5000形レトロ電車
玉藻城のお堀脇を行く20形23号+3000形300号。現在は23号は復元塗装により往時の姿で活躍している。


5000形レトロ電車
復元塗装の特別運行で23号を先頭に岡田駅を発車したレトロ電車4両編成。



    ことでん車両紹介へ    TOPへ