トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

 1000形

 高松琴平電鉄1000形は前身である琴平電鉄開業時に導入された車両で、100,110,120,130,140の5両が汽車会社で製造された。14m級両運転台の半鋼製車体で全面裾や窓の上枠が曲線となっており、讃岐の阪急と呼ばれた時代を代表する車両であった。導入後しばらくは琴平線で活躍していたが、後に志度線へ転属、長尾線の昇圧とともに志度線−長尾線の運用に就いていた。瓦町駅のリニューアル化後は主に長尾線での運用が続き、動態保存車の120号は2007年まで定期列車として活躍していた。現役時代はファンタゴレッドとオパールホワイトの塗装であったが、現在は他のレトロ車両同様に塗り替えられ月に1度のレトロ電車運転日にその姿を見ることができる。

  高松琴平電鉄1000形

 製造初年

 1926年

 製造所

 汽車会社

 前所有社

 琴平電鉄

 前形式

 

 入籍初年

 1926年

 定員

 96人

 自重

 25.4t

 車体寸法

 長=13868 巾=2438 高=3607(mm)

 台車

 BW78-25Aタイプ

 冷房装置

 −

   ←琴電琴平        ◇             高松築港→       

Mc 1000

  編成

  編成内容

 備考

 120

 120

 


    ことでん車両紹介へ    TOPへ