トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

 600形(長尾線)

 琴電600形(長尾線)は琴平線の冷房化が進む中、長尾線、志度線への初の冷房車両として導入された。しかし導入に際し急曲線や線路規格の低い両線への車両選定は困難を極め、京王帝都電鉄6000系を短縮改造する案も出ていたが、名古屋市交通局の東山線に新車が投入され余剰となっていた250形を導入するという結果に至った。元が地下鉄車両で先頭車の数も不足していたことから、中間車の先頭車化改造のほか集電機構のパンタグラフ化と冷房装置の設置が行われた。なお現在は長尾線への大型車の導入により一部の車両が琴平線での使用に変わり、601Fと経営再建後に投入された613Fの2編成が活躍している。

  高松琴平電鉄600形

 製造初年

 1973年

 製造所

 日本車輌

 前所有社

 名古屋市交通局

 前形式

 250形

 入籍初年

 1998年

 定員

 100人

 自重

 26.0t

 車体寸法

 長=15000 巾=2500 高=3540(mm)

 台車

 KH-46CS

 冷房装置

 CU-191P/CU-193×2,RPU-2203

     ←長尾         ◇            高松築港→       

Mc 600

Mc 600

  編成

  編成内容

 備考

 601F

 601-602

 

 613F

 613-614

 


    ことでん車両紹介へ    TOPへ