トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

 600形(琴平線)

琴平線600形

 琴電600形(琴平線)は、混雑がひどく2両編成しか入線できない長尾線に1200形、1300形といった大型車が導入されたことにより余剰となった600形を琴平線で使用することになった。そのため長尾線で使用されていた2編成(603-604,605-606)を琴平線のラインカラーであるコーンイエローに塗り替え、主に朝ラッシュ時の一宮・仏生山〜高松築港間の運用に就いている。

  高松琴平電鉄600形

 製造初年

 1973年

 製造所

 日本車輌

 前所有社

 名古屋市交通局

 前形式

 250形

 入籍初年

 1998年

 定員

 100人

 自重

 26.0t

 車体寸法

 長=15000 巾=2500 高=3540(mm)

 台車

 KH-46CS

 冷房装置

 CU-191P/CU-193×2,RPU-2203

   ←琴電琴平        ◇           高松築港→       

Mc 600

Mc 600

  編成

  編成内容

 備考

 603F

 603-604

 

 605F

 605-606

 


琴平線600形
4両編成での運行が基本なので2両編成で走る姿はイベント時や運用変更時に限られる。

琴平線600形
基本的に朝ラッシュ時の一宮・仏生山〜高松築港駅を走行する。



    ことでん車両紹介へ    TOPへ