トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

 1300形

 琴電1300形は長尾線の冷房化率100%を達成するため2007年に登場した車両。元は琴電1080形と同じ京浜急行電鉄の1000形だが1300形として改造された車両は製造時から冷房車で、主電動機の出力も従来の1000形より高い車両が使用されている。また1300形は長尾線専用の車両で他形式との増結を考えていないことから制御方式も京急時代からほどんど変更がない。

  高松琴平電鉄1300形

 製造初年

 1974年

 製造所

 東急車輛

 前所有社

 京浜急行電鉄

 前形式

 デハ1300形

 入籍初年

 2007年

 定員

 140人

 自重

 35.0t

 車体寸法

 長=17500 巾=2780 高=3580(mm)

 台車

 TH-1000

 冷房装置

 CU-71DN/CU-71F-G1

     ←長尾          ◇             高松築港→       

Mc 1300

Mc 1300

  編成

  編成内容

 備考

 1301F

 1301-1302

 伊藤園お〜いお茶ラッピング

 1303F

 1303-1304

 

 1305F

 1305-1305

 うどんの国の金色毛鞠(ポコでん)

 1307F

 1307-1308

 


琴電1300形
定期点検のため琴平線を走って仏生山工場へ向かう1300形が旧型電車の脇を走り抜ける。


琴電1300形
琴平線と長尾線が乗り入れ高頻度の運行が行われる高松築港−瓦町を走る1300形。



    ことでん車両紹介へ    TOPへ