トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

 1200形(長尾線)

 琴電1200形(長尾線)は急曲線や線路規格の低かった長尾線の改良工事が終了し、大型車の導入が可能となった長尾線に2006年に登場した18m級車両である。最終的に4編成8両が導入され、それまでは600形に旧型車を増結して運転していた混雑する長尾線の輸送に貢献している。なお先に入線した琴平線の1200形とは電源電圧が異なり併結ができないため、2011年に琴平線から移転した1215-1216を除き長尾線の1200形の車番は50番台をプラスした形となっている。

  高松琴平電鉄1200形

 製造初年

 1967年

 製造所

 東急車輛/川崎車両/川崎重工

 前所有社

 京浜急行電鉄

 前形式

 デハ700形

 入籍初年

 2003年

 定員

 139人

 自重

 35.0t

 車体寸法

 長=18000 巾=2780 高=3580(mm)

 台車

 TH-700

 冷房装置

 CU-126×3

     ←長尾          ◇             高松築港→       

Mc 1200

Mc 1200

  編成

  編成内容

 備考

 1251F

 1251-1252

 

 1253F

 1253-1254

 

 1255F

 1255-1255

 

 1215F

 1215-1216

 全労済ラッピング



瓦町から高松築港の間は琴平線、長尾線が乗り入れ高頻度の運転が行われる。



長尾線のシンボル、白山をバックに快走する元京急700形のことでん1200形。



    ことでん車両紹介へ    TOPへ