トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

 1200形 (琴平線)

 1200形(琴平線)は琴平線の100%冷房化を促進するため、余剰廃車が始まっていた京浜急行電鉄のデハ700形を改造して導入された。2003〜2005年に先頭車14両を購入したが、琴電では2両編成を基本とすることから出力を抑えるため運転台側の台車からは主電動機を取り外している。

  高松琴平電鉄1200形

 製造初年

 1967年

 製造所

 東急車輛/川崎車両/川崎重工

 前所有社

 京浜急行電鉄

 前形式

 デハ700形

 入籍初年

 2003年

 定員

 139人

 自重

 35.0t

 車体寸法

 長=18000 巾=2780 高=3580(mm)

 台車

 TH-700

 冷房装置

 CU-126×3

   ←琴電琴平          ◇             高松築港→       

Mc 1200

Mc 1200

  編成

  編成内容

 備考

 1201F

 1201-1202

 

 1203F

 1203-1204

 ことちゃんひやく号ラッピング

 1205F

 1205-1206

 金刀比羅宮ラッピング

 1207F

 1207-1208

 オリーブはまちラッピング

 1209F

 1209-1210

 綾川町ラッピング電車

 1211F

 1211-1212

 

 1213F

 1213-1214

 ユニバーサルホーム

 琴平線1200形動画
 ・琴平線の高架区間を走行する1211F



車体全体に散りばめられたひまわりが印象のユニバーサルホームラッピング電車。



国道、高速道路との立体交差のために高架化されている三条−太田間を走る1200形。



    ことでん車両紹介へ    TOPへ