トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

 1080形

 琴電1080形は1988年から1991年にかけて1081〜1092の12両が導入され、現在も1089・1090を除く10両が琴平線で活躍している。制御電動車2両1編成で構成され、琴平向き奇数車は中間車に運転台を接合して作られた車両で、パンタグラフ、主制御器を装備する。高松築港向きの偶数車には電動発電機、コンプレッサが搭載され、1070形同様に分散配置という形式をとっている。京急1000形からの改造は東急車輛で行われ、主幹制御器、ブレーキ、冷房装置が改造、追加されたが台車や電動機は京急時代のままである。

  高松琴平電鉄1080形

 製造初年

 1959年

 製造所

 東急車輛/川崎車両

 前所有社

 京浜急行電鉄

 前形式

 デハ1000形

 入籍初年

 1988年

 定員

 140人

 自重

 35.0t

 車体寸法

 長=17500 巾=2780 高=3580(mm)

 台車

 TS-310

 冷房装置

 RPU-2209×4

   ←琴電琴平          ◇             高松築港→       

Mc 1080

Mc 1080

  編成

  編成内容

 備考

 1081F

 1081-1082

 

 1083F

 1083-1084

 2010.6〜2011.4の間、きな子電車として運用

 1085F

 1085-1086

 四電エナジーサービスラッピング

 1087F

 1087-1088

 

 1089F

 1089-1090

 2011年11月27日にラストランの後、廃車

 1091F

 1091-1092

 



1080形と1200形の4両編成。ラッシュ時の琴平線では様々な形式の車両が混結する姿を見ることができる。



一時期だけ見ることができた警察犬「きな子」のラッピング電車。



    ことでん車両紹介へ    TOPへ