トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

 1070形

 琴電1070形は1984年に登場した琴電としては初となる冷房車で、琴平線に3編成6両が導入された。元は京浜急行電鉄600形だが琴電導入に際して前面の貫通化改造が行われたため2枚窓であった600形の印象は薄い。当初はコトデンカラーであるファンタゴレッドの塗装であったが後に琴平線のラインカラーであるコーンイエローに塗り替えられており、コトデンそごうカラーに塗り替えられた車両はない。なお600形の琴平線転属により1075-1076の2両が2011年10月30日にラストランを行い廃車となった。

  高松琴平電鉄1070形

 製造初年

 1957年

 製造所

 東急車輛

 前所有社

 京浜急行電鉄

 前形式

 デハ600形

 入籍初年

 1984年

 定員

 135人

 自重

 36.0t

 車体寸法

 長=17500 巾=2700 高=3650(mm)

 台車

 TS-303

 冷房装置

 奇数車:CU-71,偶数車:RPU-2209×4

   ←琴電琴平          ◇             高松築港→       

Mc 1070

Mc 1070

  編成

  編成内容

 備考

 1071F

 1071-1072

 

 1073F

 1073-1074

 

 1075F

 1075-1076

 2011年10月30日にラストランを行い廃車

 琴平線1070形動画
 ・長尾線特別運転で西前田駅を発車した1070形



長尾線西前田駅を発車した1070形。2014年のGWには長尾線特別運転も行われた。



    ことでん車両紹介へ    TOPへ