トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

泉北高速鉄道                                                        

 西日本の私鉄                                                                                                                                                            SEMBOKU 

撮影地:南海電鉄高野線岸里玉出−帝塚山駅にて。新型車両の登場により徐々に数を減らしている3000系。

 泉北高速鉄道は南海電鉄高野線の中百舌鳥駅から和泉中央駅までの泉北高速鉄道線を営業している会社で、当初は南海電鉄による建設・運行管理を計画していたが資金面で難があり、大阪府が設立した第3セクターの大阪都市開発により運行が開始された。その後南海電鉄の子会社になり現在に至る。沿線はほとんどがニュータウンなどの住宅街で、大阪や堺方面への通勤通学需要が多くを占める。南海高野線との相互直通運転の他、線内完結の運用もある。また特急泉北ライナーや区間急行、準急などの種別が存在するが、途中駅での追い越しなどはない。

〜泉北高速鉄道の車両〜

泉北3000系
3000系

泉北5000系
5000系

泉北7000系
7000系

泉北7020系
7020系

泉北高速鉄道車両紹介

 


   

   鉄道写真図鑑へ    TOPへ