トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

キクハ32形                                                    

 一般形気動車                                                                                                                                   JR四国 

撮影地:予讃線伊予吉田−高光駅にて。瀬戸大橋トロッコにも使用されるキクハ32 502。

 JR四国キクハ32形気動車
使用線区:四国内全線
種      別:瀬戸大橋トロッコ・大歩危トロッコ号など

 JR四国が観光用として1998年(キクハ32 501)と2003年(キクハ32 502)に導入したトロッコ列車。16m級の小型列車で動力装置を持たない制御車である。そのため走行時にはキハ185系を控車として使用する。導入時は2両とも濃緑色だったが、後にキクハ32 502は現在のアンパンマントロッコ色に変更された。また同車は瀬戸大橋トロッコにも使用されるため、床面が一部ガラス張りになっているほか窓には転落防止用のアクリル板が装着されている。

  基本編成      

       ・大歩危トロッコ、瀬戸大橋アンパンマントロッコなど

キハ185形0番台

キクハ32形

   

〜 Gallery 〜

撮影地:予土線土佐大正−土佐昭和駅にて。雄大な自然の中、四万十川を渡るしまんとトロッコ。

撮影地:予讃線鴨川駅にて。遠足輸送のためゆうゆうアンパンマンと連結して4両で走行。


   

   鉄道写真図鑑へ    TOPへ