トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

キハ58系                                                        

 急行形気動車                                                                                                                                    JR四国 

撮影地:内子線喜多山〜五十崎駅にて。朝の松山行き上り普通列車は3形式混結という貴重な列車であった。

 JR四国キハ58系気動車
使用線区:予讃線・内子線・土讃線・高徳線など
種      別:普通 

 国鉄時代に急行用として大量に製造されたキハ58系は国鉄民営化後もJR四国標準色のアイボリーに水色という塗装でキハ58、キハ65、キハ28、キロ28などが四国中で活躍していた。しかし1000形気動車の導入により高松・徳島を中心に移転・廃車が続き、1500形の導入によって高松口の運用が消滅、夜間の松山から高松へ向かう気動車を使用した長距離普通列車からも引退した。
 松山・高知のキハ58、キハ65、キハ28形については2008年の定期普通列車運用終了まで残り、その中でも松山運転所のキハ58 293とキハ65 34は国鉄時代の塗装に戻され、定期列車のほかリバイバル運転のイベント列車やさよなら運転にも使用された。

  基本編成     

       ・予讃線普通列車

キハ58形

キハ65形

     ←高松・松山          八幡浜→  

                ・土讃線普通列車

キハ58形

キハ28形

     ←阿波池田          高知・伊野→   

 

松山運転所

高知運転所

キハ58 203
キハ58 293
キハ58 301
キハ65 34
キハ65 41
キハ65 69

キハ28 2148
キハ58 198
キハ58 199

〜 Gallery 〜

撮影地:土讃線琴平−塩入駅にて。現役時は高松口で快速サンポートに充当されるなど活躍の場が多い車両だった。

撮影地:内子線喜多山−新谷駅にて。キハ185系の代走で入った国鉄色編成。

撮影地:内子線喜多山−新谷駅にて。晩年のキハ58系には写真のような「お髭」がついていた。


   

   鉄道写真図鑑へ    TOPへ