トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

キハ181系                                                    

 特急形気動車                                                                                                                                 JR西日本 

撮影地:JR四国予讃線丸亀−讃岐塩屋駅にて。臨時列車として四国乗り入れを果たしたはまかぜ色のキハ181系。

 JR西日本キハ181系特急形気動車

 キハ80系をさらに出力アップした特急形気動車で四国でも土讃線のような旧勾配区間の存在する線区を中心に予讃線の特急としても活躍した。国鉄分割民営化後もJR四国には40両以上のキハ181系が配置され、土讃線特急「南風」や「しまんと」、予讃線特急の「しおかぜ」や「いしづち」、「宇和海」としてその姿を見ることができたが、1989年の2000系TSE、1990年の2000系量産車の登場で徐々にその姿を減らし、1993年に全車廃車となった。
 JR西日本所属車も山陰地区を中心に特急「はまかぜ」、「おき」、「いそかぜ」などで活躍していたが、最後に残っていた特急はまかぜもキハ189系の登場により2010年で定期運用から引退している。

〜 Gallery 〜

撮影地:予讃線坂出−宇多津駅にて。宇多津町の街並みやゴールドタワーをバックに高松へ走るキハ181系。


   

   鉄道写真図鑑へ    TOPへ