トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

EF66形                                                          

 直流用電気機関車                                                                                                                              JR貨物 

撮影地:高崎線上尾駅にて。高崎線、上越線で石油輸送に務めるEF66形。

 JR貨物EF66形電気機関車

 東海道・山陽本線を走る高速貨物列車の牽引機として1968年に登場した電気機関車で、直流直巻整流子電動機MT56を6基搭載し1000tの貨物列車を100km/hで運転する能力を持つ。これにより従来EF65形の重連で運用していた「とびうお」「ぎんりん」をEF66形1両で置き換えた。登場後は同時期に開発された高速走行貨物車のコキ10000やレサ10000の牽引のほか、1985年には「はやぶさ」「富士」などの寝台特急列車の牽引にも使用された。国鉄分割民営化後はJR貨物やJR西日本に配置され、JR貨物ではその後も製造が続けられた。JR西日本所属車は寝台特急「瀬戸」の牽引にも使用されたが現在は全車廃車となっている。

〜 Gallery 〜



撮影地:山陽本線中庄駅にて。EF66形は山陽本線や九州島内など広い範囲で活躍する。



   

   鉄道写真図鑑へ    TOPへ