トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

EF510形                                                        

 交直両用電気機関車                                                                                                                           JR貨物 

撮影地:武蔵野線吉川美南駅にて。

 JR貨物EF510形電気機関車

 JR東日本に存在する交直電化方式の区間(日本海縦貫線、常磐線)を走行する貨物列車の牽引機として、従来のEF81形を置き換える目的で投入されたのがEF510形。車両構造などは先に製作された直流用電気機関車のEF200形やEF210形を基本としており、制御方式はVVVFインバータ制御で1C1M方式を採用している。本形式にはJR貨物所有車とJR東日本所有車が存在し、このうちJR貨物の0番台にはECO POWER レッドサンダーという愛称が付いている。JR東日本のEF510形300番台は2009年から製造され、北斗星色とカシオペア色が存在しそれぞれ寝台特急「北斗星」「カシオペア」の牽引に充当されるほか貨物列車の牽引にも使用される。

 EF510形動画
 ・常磐線を行く安中貨物
 ・EF65&EF510単機同士の離合

〜 Gallery 〜



撮影地:常磐線牛久〜佐貫駅にて。安中貨物の牽引も務めるEF510形。


   

   鉄道写真図鑑へ    TOPへ