トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

EF210形                                                        

 直流用電気機関車                                                                                                                             JR貨物 

撮影地:予讃線丸亀−讃岐塩屋駅にて。EEF65形に混じって四国内でも高松を中心に新居浜や伊予三島にも顔を出す。

 JR貨物EF210形電気機関車

 国鉄分割民営化後において輸送力増強のためEF65形やEF66形に代わる機関車としてJR貨物が開発したEF200形が存在するが、変電所の容量問題から本来の性能を発揮できないことから山陽本線、東海道線の1,300t貨物向けに製造されたのがEF210形。制御方式はEF200形同様VVVFインバータ制御であるが、運用コスト低減のため1C2M方式を採用している。また予讃線の箕浦−川之江間に存在する狭小トンネル通過対策も施されており、新居浜、伊予三島貨物の牽引にも充当される。1996年から製造され岡山機関区を中心に新鶴見、吹田に配置されており、ECO POWER 桃太郎という愛称が付与され車体にも愛称の文字が見られる。さらに2012年にはEF210形300番台としてEF67形に代わる瀬野八峠の後押機関車が登場している。

 EF210形編成写真
   EF210形9号機
   EF210形15号機
   EF210形121号機
   EF210形130号機
   EF210形133号機
   EF210形141号機
   EF210形149号機
   EF210形156号機
   EF210形165号機

 瀬野八用補助機関車
   EF210形305号機

 模型で見るEF210形
 ・EF210形:KATO

〜 Gallery 〜



撮影地:東北本線大宮駅にて。EF210形は首都圏から四国、九州まで広い範囲をカバーする。



   

   鉄道写真図鑑へ    TOPへ