トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

E217系                                                        

 直流近郊形電車                                                                                                                           JR東日本 

撮影地:総武快速線 下総中山駅にて。横須賀線から成田空港や房総半島を結ぶ長距離ランナー。

 JR東日本E217系電車

 老朽化していた113系の置換えを目的にJR東日本が1994年に投入した車両で、通勤型車両である209系を元に近郊型へと発展させた設計となっている。車体は209系同様軽量ステンレスを採用しているが、E217系は車体幅を広げた拡幅車両としている。また横須賀線−総武本線での長距離運用を行うことから基本編成には2階建て構造のグリーン車を組み込み、先頭車と一部の中間車にもセミクロスシートを採用しているが、ラッシュ時の混雑に対応するため近郊型車両でありながら4扉を採用している。。

〜 Gallery 〜



撮影地:内房線五井駅にて。E217系は横須賀線、総武快速線のほかにも内房線や外房線、総武本線など広範囲の運用を持つ。


   

   鉄道写真図鑑へ    TOPへ