トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

6000系                                                         

 直流近郊型電車                                                                                                                                   JR四国 

JR四国6000系

撮影地:予讃線鬼無−端岡駅にて。6000系はJR四国でも2編成しか存在しない貴重な存在。

 JR四国6000系電車
使用線区:予讃線・土讃線
種      別:普通、快速サンポート

 老朽化した111系の置き換えの為に製造された車両で6000+6200+6100形の3両×2編成が存在する。当初は瀬戸大橋線や予讃線内を走行する旧型電車を全て本形式で置き換える予定であったが、予算の都合により2編成の導入に留まり、後の113系3編成の導入によって置換えが完了した。現在は主に予讃線の観音寺及び土讃線の琴平−高松間の快速サンポートや普通列車に使用され、7000系1両を連結した4両編成での運用も見られる。車内には当初の予定が瀬戸大橋線での運行だったためにトイレが設備されており、座席は転換クロスシートが用いられている。

  基本編成     

             ・予讃線・土讃線普通列車・快速サンポート
                              ◇                ◇

6000形

6200形

6100形

 ←高松                                                                    琴平・観音寺→

 6000系編成写真
 ・予讃線・土讃線
   6001F(四カマ6001編成)  [6001-6201-6101]
   6002F(四カマ6002編成)  [6002-6202-6102]

〜 Gallery 〜

JR四国6000系

撮影地:予讃線鬼無−端岡駅にて。観音寺や琴平行きの快速・普通列車として運用されている。


   

   鉄道写真図鑑へ    TOPへ