トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

209系                                                        

 直流通勤形電車                                                                                                                            JR東日本 

JR東日本209系

撮影地:外房線大網駅にて。房総地区の主役となった209系。

 JR東日本209系電車

 老朽化していた首都圏の通勤型電車の置換えを目的にJR東日本が開発した車両で、当初は京浜東北線、根岸線を中心に南武線にも投入された。209系ではそれまでの通勤型電車の基本設計を一から見直し、製造コストの低減化や車体の軽量化、長寿命化が図られた「新系列車両」の第1弾として位置づけられ、以降のJR東日本の車両設計における基礎を確立した。その後も209系は車体幅を広げた上で中央・総武緩行線や京葉線、八高線、川越線、武蔵野線、常磐緩行線などに投入された。なお現在では京浜東北線、根岸線の209系は全車E233系に置き換えられており、余剰となった車両の一部は総武本線や内房線、外房線、東金線、鹿島線など房総地区で活躍している。

 209系編成写真
 ・武蔵野線
   ←東京・南船橋                                                         府中本町→
   [クハ209-モハ209-モハ208-サハ209-サハ209-モハ209-モハ208-クハ208]
   M71(千ケヨM71編成)

 ・中央線・総武線各駅停車
   ←千葉・津田沼                                                                                  中野・三鷹→
   [クハ209-サハ209-モハ209-モハ208-サハ209-サハ209-サハ209-モハ209-モハ208-クハ208]
   C501(八ミツC501編成)
   C502(八ミツC502編成)

 ・総武本線・内房線・外房線・東金線
   ←安房鴨川・銚子・成東             千葉→
   [クハ2091-モハ209-モハ208-クハ208]
   C401(千マリC401編成)

〜 Gallery 〜

総武線209系

撮影地:総武緩行線市川駅にて。中央・総武緩行線ではE231系に混じって209系が活躍する。


   

   鉄道写真図鑑へ    TOPへ