トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

 

115系                                                          

 直流近郊型電車                                                                                                                               JR西日本 

JR西日本115系

撮影地:山陽本線倉敷−西阿知駅にて。117系からの改造車を組み込んだ編成。

 JR西日本115系(113系)電車

 それまでの近郊型電車の主流であった111系の出力不足を解消するために国鉄が製造した形式。汎用性が高く国鉄分割民営化後もJR西日本、JR東海、JR東日本を中心に、しなの鉄道などの私鉄にも継承され、普通列車や急行列車に使用されている。また岡山地区の115系については瀬戸大橋線を経由してJR四国の土讃線琴平駅まで乗り入れる運用があり、四国地区でもその姿を見ることができる。また編成も2両、3両、4両編成が存在し、117系からの改造車である3500番台の2扉中間車も存在するなどバリエーションが豊富である。

 113系・115系編成写真
   ←姫路・岡山          琴平・宇野・米子・広島→
   [クハ115-モハ115-ハ114-クハ115]
   A2(岡オカA2編成)
   [クモハ115-モハ114-クハ115]
   D8(岡オカD8編成)
   D19(岡オカD19編成)
   D22(岡オカD22編成)
   D23(岡オカD23編成)
   D27(岡オカD27編成)
   D30(岡オカD30編成)
   D31(岡オカD31編成)
   [クモハ115-クモハ114]
   G2(岡オカG2編成)
   [クモハ115-モハ115-ハ114-クハ115]
   K1(岡オカK1編成)
   K6(岡オカK6編成)

〜 Gallery 〜

撮影地:予讃線丸亀−讃岐塩屋駅にて。岡山地区の115系は瀬戸大橋を経由して四国の琴平駅まで乗り入れる。

撮影地:山陽本線中庄駅にて。黄色一色への塗装変更が進みカフェオレ色の115系は少なくなった。


   

   鉄道写真図鑑へ    TOPへ