トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

神 南 空 港 周 辺
 

 神南山の麓に位置する、1日に僅か1,2便しか飛来してこないローカル空港という設定です。滑走路、エプロンにはLEDを使用した誘導灯を設置し、パワーパックから電源を供給して夜景も楽しめるようにしています。町からのアクセスには1.5〜2.0車線の山道を通るしかなく、空港バスや観光バスの利用もあるだけに早期改良が望まれるところです。

 

レイアウト中に再現した空港

 神南空港全景。ターミナルビルはTOMIXの事務所を改造して使用しています。手前に見える九十九折れの道が空港アクセス道となっており、大型バスの離合が困難ということからバイパスの建設の話があるとかないとか・・・。

 

 飛来してくるのは小型のジェット機やプロペラ機が中心です。退役した飛行機を見られるのも、レイアウトに空港を設置する利点ともいえます。

レイアウト中に再現した空港

 

LEDを使用しランプウェイを製作

 レイアウトルームの明かりを消すとライトアップされた滑走路が出現します。滑走路の全長は短いですが、こうして見てみると雰囲気は十分出ているかと(^^;)

 

 私の好きな日本エアシステムのMD87も飛来します。ANAやJALの模型もありますが、やっぱりお気に入りはJAS,JACですね♪

日本エアシステムも健在

 

 

        Nゲージで飛行機も一緒に楽しむ

 滑走路を飛び立つ日本エアコミュータのYS11。レイアウト上ではまだまだ現役で飛行しています。

 


 

 レイアウト紹介へ    TOPへ