トップページ トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

京成3600形                                                                                         

 京成                                                                                                                                            KEISEI 

撮影地:押上線四ツ木駅にて。

 京成電鉄3600形
 京成本線における輸送力増強と老朽化した旧型車の置換えを目的に製造された車両で、界磁チョッパ制御方式を用い、京成電鉄では初となるステンレス車体構造とした。登場時は6両編成であったが1997年より優等列車の8両編成化を行うため3600形もその対象とされ、6両編成3本の編成をバラして他の編成への組み換えが行われた。この際に使用された車両の中で編成中に組み込まれなかった6両はVVVFインバータ制御化されている。

                                                                                                                              ▲京成電鉄の車両紹介へ