■
梶尾鉄道風景・夜景>松山市郊外

松山市郊外

松山市の郊外は市街地を囲むように走る環状線を中心に広がっています。
人口の割りに市街地がコンパクトなため、住宅地を含め環状線を中心に各方面へ郊外が発達しています。
主要となるの道は、南からの国道56号やインターを結ぶ国道33号、四国の主要国道である11号や空港通り、北への国道196号などがあります。

他の都市の郊外同様どの辺から郊外という基準が難しいので、環状線の周辺を中心に周っています。
夕ラッシュ時に撮影したので若干車多いです(^^;)

 

国道56号

環状線

新空港通り

国道33号砥部道路

国道11号

 

国道56号大洲街道

出合橋を渡って市街地手前の保免の辺りから南方向。

同じく保免から北方向。


松山環状線

土居田の辺り。蜘蛛みたいな標識があります。笑

JRの立体交差。環状線らしくこの辺りで90度進行方向が変わります。

ちょっと行って場所的には松山駅の500m西側になる所。この先北条方面は日が暮れたのでまた今度。


県道18号新空港通り

空港を出てすぐの辺り。

この先2つのトンネルを経て中心部へ向かいます。

北斎院の辺り。周辺は住宅街で、スーパーは脇道を入ったとこにあります。


国道33号砥部道路

バス停にもあるとおり東石井の辺り。家電量販店や多数の郊外店があり、休日はインターへ向かう車で混雑します。

インターとの交差点を少し南下した場所。


国道11号松山東道路

久米を東方面。11号にも多数の郊外店が並びます。

平井から東方面。


  都市の風景・夜景    TOPへ