トップページ 鉄道模型 ことでん情報館 鉄道写真図鑑 鉄道撮影地情報 梶尾鉄道

☆休みの午後はジオラマ作りも楽しいぜぃ☆

 

              ということで新企画が持ち上がりました(^^;)

この企画のコンセプトはお題通り、「長期休暇中の午後をどう使うか」を主体にしていますが、決して勉学は後回しで良いという意味では無いので悪しからず・・・ヾ(´▽`;)ゝ

   製作するジオラマとしては、
     ・午後のちょっとした時間で出来る。(2、3時間程度)
     ・なるべくお金をかけない。(500円以下で)
     ・棚の奥に眠っている車両たちにスポットライトを当てる。等等

 

無論これは私のジオラマ計画であって、皆様が製作される場合はこの限りではありません。

では行ってみましょう♪


まず用意するのはケースですよね。
100円ショップのコレクションケースを使用します。



レールを敷設します。接着にはゴム系接着剤を使用しました。

 


今回のジオラマに使用するホームを角材で作っていきます。




ホームの骨組みをケースに接着します。


レールに大きめのバラストを撒き、ホームの足元となる部分には小さめのバラストを撒きます。


全体にKATOのターフを数種類散布します。その後、牧草地らしくするため繊維物も撒きます。

 


そしてホームに床板を取付けていきます。北の車両を飾るので停車場風に・・・。


仮完成しました。この後牛を配置するか人を置くかはまた次回・・・(^^;)


写真の車両はキハ130系です。 

☆ 完 ☆

 

北の風景(?)

ジオラマ駅側より。手前の道はバラスト+プラスターでそれらしく。

牛側より。あくまで停車場ですからあのぐらいの造りで・・・、と割り切っています。

Nサイズでこれだけのクオリティーの牛が手に入るのも輸入メーカーのお陰です。

製作時間:約2時間(ボンド水乾燥時間含まず)

              ・線路敷設5分(カット・接着)
              ・ホーム骨組み製作30分(塗料乾燥)
              ・バラスト散布5分+α(ボンド水乾燥時間)
              ・ターフ散布10分+α(ボンド水乾燥時間)
              ・ホーム床板取付け30分(バルサ加工、塗料乾燥)
              ・他、接着剤乾燥時間20〜30分

製作費用:約400〜500円

                 ・ケース      105円
                 ・線路       150円程度
                 ・角材        5円
                 ・バルサ材    10円程度
                 ・ターフ       100円分?
                 ・バラスト      微々
                 ・塗料、接着剤  微々
                 
・(牛)

ターフや線路、バラスト等は手持ちの余り物を使用しているので、大体の値段となります。

 

 

レイアウト製作状況へ   TOPページへ